スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

デビルバスター日記

サイト:小説家になろう 作品
作者様:黒雨みつき
評価:S

あらすじ
【デビルバスター】とは人々の生命を脅かす異界の者――“魔”を退治する力を持つと認定された者たちの称号である。この物語は中世に似た異世界を舞台に『女性アレルギー』という特異体質の少々頼りない青年ティーサイトが、デビルバスターを目指して成長していく姿と、そんな彼の戦いを描いた長編ファンタジーです。

感想
書籍化おめでとうございます。
人の苦悩や葛藤というものを非常にうまく書いている。
文章力が非常に高く、さすが書籍化作品だなと思わせる。
一話一話の重量感もあり、読み応えバッチリであるが、一話一話の完結式であるので非常に読みやすい。
一話一話の話の流れと、全体としての流れのバランスがうまく、メリハリがあるので読んでいて飽きない。
作中の人間ドラマには完全に引き込まれた。
ティースの心の動きが素直なので、思わず彼を応援したくなるし、彼の葛藤に読者が引き込まれていk。
彼が、残虐な光景や無力さを痛感する場面では心が震えたし、救いたい人を救えなかったというシーン特にセルマとのやり取りには思わず涙した。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

デビルバスター1 至宝の乙女デビルバスター1 至宝の乙女
(2012/08/31)
黒雨みつき

商品詳細を見る

スポンサーサイト
Date: 2013.02.21 Category: オリジナル小説  Comments (0) Trackbacks (0)

IF GOD - 神は斜陽に打ち震える -

サイト:ハーメルン 作品
作者様:鈴木_
原作:ヒカルの碁
評価:S+

あらすじ
原作での佐為があのままネット後を続けていたらという二次創作である、『IF GOD 【佐為があのままネット碁を続けていたら…】』の54話からの分岐作品。
シリアス成分多め。

感想
もうさすがとしか言いようがないですよね。
この人の二次って全部面白い。
もう一つの作品である冬虫夏草は読む人を選ぶけど面白いし。
塔矢行洋が死ぬ間際にヒカルと約束した『本因坊になる』という言葉に縛られるヒカルを描いたこの作品は、IF GODとはまた変わった面白さがあるし、前作にシリアス風味を追加した続編という感じもあっていい。
約束を果たすために、絶対に負けないために、自分が囲碁を打つということをやめて佐為に変わる。
う~んうまい。
話の持って行き方が本当にうまい。
文章も飽きさせないし一気に読んでしまいたくなる。
更新が楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

ヒカルの碁 全23巻完結セット (ジャンプ・コミックス)ヒカルの碁 全23巻完結セット (ジャンプ・コミックス)
(2010/01)
小畑 健

商品詳細を見る
Date: 2013.02.16 Category: ヒカルの碁  Comments (0) Trackbacks (0)

IF GOD 【ヒカルの碁・佐為があのままネット碁を続けていたら…】

サイト:Arcadia 作品
作者様:鈴木チェロ
原作:ヒカルの碁
評価:S+

内容
ヒカルの碁の二次創作。
ある日、主人公進藤ヒカルの家に、コンピューターが届いたことから、物語は新たなる道を進んでいく。
ヒカルに憑いている幽霊藤原佐為とヒカルは、家に届いたコンピューターでsaiとしてネット碁を続けていく。
ネット碁をきっかけとして、様々な人物と対戦し、原作とは違った結末を歩んでいく。

感想
今まで読んできた中で、最も完成度が高い二次創作だと思う。
ヒカルの碁を読んできた人なら、一度は絶対に思うだろう、佐為が消えないパターンのエンディングであり、それをここまで完成度高く表現できるのか、と戦慄を感じた。
佐為がネット碁を通じて、充実した日々を送っていくので消えないというパターン。
キャラクターも、原作の魅力あるキャラそのままであり、主人公ヒカルの性格など正に原作そのものと感じた。
原作で登場しながらも、あまり多く描写されることはなかった人物たちが、この作品では実に丁寧に、魅力をあふれさせ書かれている。
塔矢行洋名人などは、この作品のメインキャラとして、自分が原作で抱いたようなイメージそのままに、書かれていて感動した。
原作の終わりもこんな感じに、綺麗に終わったなら、今も話に上るジャンプの伝説の一角に登ったかもしれない。

ヒカルの碁 全23巻完結セット (ジャンプ・コミックス)ヒカルの碁 全23巻完結セット (ジャンプ・コミックス)
(2010/01)
小畑 健

商品詳細を見る
Date: 2012.05.09 Category: ヒカルの碁  Comments (0) Trackbacks (0)

彼の名はドラキュラ ~ルーマニア戦記~

サイト:Arcadia 作品
作者様:高見 梁川
評価:S

内容
歴史オタクな大学生が、卒業旅行に東ヨーロッパを旅行中、なにやら変な儀式に巻き込まれてしまう。
次に彼が起きたとき、なぜか吸血鬼のモデルとして有名な、ヴラド・ツェペシュに憑依していた。
彼は死亡フラグを折るため、そして彼と一体となったヴラドの意思を継ぎ、ワラキア公国の秩序と独立を勝ち取るために奮闘する。

感想
読むのが止まらない。
どんどん次々と、読んでいきたい気持ちにさせてくれる作品でした。
串刺し公として有名なヴラドですが、彼の最初の方の状況って相当に詰みゲーなんですよね。
オスマントルコに助力を請えば、なんとか生き残っていける国なんですが、東欧正教圏にある国なので、それを積極的にやると、下手をすれば破門や異端認定、最低でも国民の支持は得られずを踏んだり蹴ったり。
宗教的に近い国家と協力しようとしても、東欧諸国は十字軍とオスマンによりボロボロ、東ローマ帝国に至っては滅亡寸前と相当に難しい。
そんな状況の中を生き抜こうとする主人公は、とても魅力的でした。
基本的には、寡兵をもって衆を征する形が多いので、そこに興奮するのですが、結構無理あるかあなというのがあったり(汗)。
それでも話テンポも良く、サクサク読めるのでお勧めです。
Date: 2012.04.07 Category: 架空戦記  Comments (0) Trackbacks (0)

理想のヒモ生活

サイト:小説家になろう 作品
作者様:ワタナベ
評価:S

内容
ブラック企業に勤める主人公山井善治郎は、いつの間にか異世界に召喚されていた。
召喚者は、主人公の好みストライクど真ん中の褐色美女であった。
そんな彼女は、主人公に結婚を申し込む。

感想
主人公の考え方が実にらしくていいです。
異世界で現代の生活をしようと頑張る主人公が、色々悩んだり考えたりと、自分もどうするだろうと妄想したり(笑)。
王配としての立場も、結構シビアに書かれていて良いです。
Date: 2012.04.02 Category: オリジナル小説  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

上がり藤

Author:上がり藤
小説の感想書いていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
かてごり
評価
タグ

ギャグ TS 評価B アンチ C+ クロスオーバー 勘違い 恋愛 召喚 原作知識なし 魔法 B+ 評価C+ 逆行 チート 憑依 再構成 評価A A 評価B+ B ロボ 評価S 多重トリップ ファンタジー モンスターに転生 最強 完結済み ダーク 評価C トリップ TS転生 異世界 VRMMO ラブコメ 原作知識 転生 評価A+ 宮廷 C 異世界召喚 原作知識あり 多重転生 建国 S 戦記 

かうんた~
らんきんぐ
検索フォーム
RSSリンクの表示
まめ
削除されたりして見れなくなってしまった作品は、
  • Internet Archive
  • に作品のURLを張り付ければ見れる場合があります。
  • リンク
    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    あまぞん
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。