スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

さよならピアノソナタ

さよならピアノソナタ (電撃文庫)さよならピアノソナタ (電撃文庫)
(2007/11)
杉井 光

商品詳細を見る


著者:杉井 光
イラスト:植田 亮
レーベル:電撃文庫

おすすめ度:☆☆☆☆☆

内容
音楽評論家を父に持つ男子高校生桧川直巳と、音楽界から突然失踪した若き天才少女ピアニスト蛯沢真冬との出逢いから始まる、青春恋愛小説である。主人公たちがロックバンドを組んで活動する物語であり、また蛯沢真冬以外にも登場人物にクラシック音楽の関係者が多いこともあり、全編にわたって実在するロックとクラシックの様々な音楽が作品に関わってくる。

感想
今から考えると結構振るい作品になるんだろうか。
久しぶりに読み返したので感想を書いていく。
杉井 光といえば最近では結構有名なライトノベル作家ではないだろうか。
神様のメモ帳がアニメ化されたこともあり知名度は高まったと思う。
しかしこの作者、作品の質に非常にムラが多い人物であると思う。
上記二つの作品以外にも、「ばけらの」、「剣の女王と烙印の仔」シリーズを所持しているが、面白い作品ではなかった。
私が最初に彼の本を読んだのが「さよならピアノソナタ」、その次に「神様のメモ帳」であったので、いささか期待感が先行しすぎた面があったとしてもつまらなかったと思う。

そんなムラの多い作者であるが、本作はライトノベルの中でも傑作の部類に入る作品であると思う。
4巻という比較的短い巻数で完結していることもあるが、終わり方が打ち切りエンドではなく、非常にうまい、綺麗な終わり方をしているのである。
個々の巻もそれぞれテーマに沿って青春をしているし、かと思えばヒロインとの関係や病気を合わせていくことで、不快にならないシリアスも描かれている。
作品全体のテーマとして「音楽」というものがあり、主にロックとクラシックを青春・恋愛につづくテーマとしている。
初めて読んだとき、ロックとクラシックというのは大きくかけ離れた音楽ジャンルのように思えたが、この作品を読んだことで認識が改まり、私にクラシックやロックといった音楽に触れる機会を与えてくれた。
私がクラシックやロックにはまり始めたのもこの作品の影響であったと言える。
他にも「G線上の魔王」というゲームの影響もあったが。

神様のメモ帳がアニメ化されると聞いたとき、こちらのほうが先ではないのかと正直思った。
当時この作品が完結していたこともあり、完成度としては上のように感じたからである。
またテーマ性としての音楽が、映像化によってさらに引き立つと思ったのに。
版権の問題があったのだろうか。
いずれにせよアニメ化されていてもおかしくはない完成度を誇っている。
いつかされると信じている。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
スポンサーサイト
Date: 2013.02.22 Category: ライトノベル  Comments (8) Trackbacks (0)

デビルバスター日記

サイト:小説家になろう 作品
作者様:黒雨みつき
評価:S

あらすじ
【デビルバスター】とは人々の生命を脅かす異界の者――“魔”を退治する力を持つと認定された者たちの称号である。この物語は中世に似た異世界を舞台に『女性アレルギー』という特異体質の少々頼りない青年ティーサイトが、デビルバスターを目指して成長していく姿と、そんな彼の戦いを描いた長編ファンタジーです。

感想
書籍化おめでとうございます。
人の苦悩や葛藤というものを非常にうまく書いている。
文章力が非常に高く、さすが書籍化作品だなと思わせる。
一話一話の重量感もあり、読み応えバッチリであるが、一話一話の完結式であるので非常に読みやすい。
一話一話の話の流れと、全体としての流れのバランスがうまく、メリハリがあるので読んでいて飽きない。
作中の人間ドラマには完全に引き込まれた。
ティースの心の動きが素直なので、思わず彼を応援したくなるし、彼の葛藤に読者が引き込まれていk。
彼が、残虐な光景や無力さを痛感する場面では心が震えたし、救いたい人を救えなかったというシーン特にセルマとのやり取りには思わず涙した。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

デビルバスター1 至宝の乙女デビルバスター1 至宝の乙女
(2012/08/31)
黒雨みつき

商品詳細を見る

Date: 2013.02.21 Category: オリジナル小説  Comments (0) Trackbacks (0)

反逆の勇者と道具袋

サイト:小説家になろう 作品
作者様:大沢 雅紀
評価:C+

あらすじ
高校生シンイチはある日突然、人間と魔族が争う異世界に召喚されてしまう。「勇者」と持て囃されるシンイチだったが、その能力は、なんでも出し入れできる「道具袋」を操れることだけだった。剣や魔法の才能がなく魔物と戦うなど不可能――のはずが、なぜかいきなり“魔王討伐”に送り出されることに。その裏では、勇者を魔王の生贄にする密約が交わされていた……。果たして「最弱勇者」は不思議な道具袋だけで、絶体絶命の危機を乗り越えられるのか

感想
道具袋の発想はよかった。なろうでは多分なかったと思う。
だけどそのあとがなぁ。
魔族救ってテンプレのごとく主人公マンセーっすか。
あと謎のラブコメとか。
ラブコメってよく考えると相当難しいよな。
ワンパターンになりがちだし、ヒロイン複数いるとそれぞれ違った魅力出したりしなきゃいけないし。
なんか残念なラブコメというか、なろうの悪い意味でのラブコメやってる感じ。
なんなんすかね世界観が狭いのが問題なんだろうかね。
途中で読むのやめちゃったからしらんけど。

まぁ道具袋がチートです。

これが書籍化するって凄い。
最近アルファポリスは力入れてきてるけど数打ちゃ当たるって感じだよな。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

反逆の勇者と道具袋反逆の勇者と道具袋
(2012/09)
大沢 雅紀

商品詳細を見る
Date: 2013.02.20 Category: オリジナル小説  Comments (0) Trackbacks (0)

追憶のシオン

サイト:Arcadia 作品
作者様:朝日奈ポチ
評価:A

あらすじ
異世界に召喚された御鏡紫苑がもとの世界に戻るために奮闘する。
剣と魔法、強力なアーティファクトが溢れた、王道異世界ファンタジー。

感想
なんでこんな良作がPVも感想数も少ないんだろうか。
不思議でならない。
直ぐにでも書籍化していいレベルであると思う。
ヒーロー文庫かエンブレ当たりで書籍化しててもおかしくない。

まず文章力の高さがある。
文章として非常に読みやすい文であるのだが、軽いという意味ではなく、読み応えがありながらもスラスラ頭に入ってくる。
美少女のような男、異世界トリップ、序盤で最強の剣を手に入れる、という見事に最低系のような要素、おまけに巨狼、糸使いと中二病の極みのような要素、にも関わらず、むしろそれが話を引き立てる要素としてうまく噛み合っている。

なろうでこれらの要素がはいったつまらない作品をたくさん読んできたせいであろうか。余計に引き立つ。
こういう要素を入れながらも、キチンと面白い小説にするというのは非常に難しいと思う。
しかしここまでの作品に高められているのはやはり物書きとしてのレベルの高さなのだろう。

世界観もギルドや遺跡などありがちな、先の要素と合わせれば全くテンプレの極みといった作品なのに、文章がうまいだけでこうも違うのか。
本当に面白い小説であると思う。

ただ主人公が男の娘のような感じ(厳密にいえば違うのだが)、というか仕草がまんま女性のような感じなので、そこに嫌悪感を覚えてしまうと一気に読めなくなると思う。
でも内容としてはかなり面白いのでおススメです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

ソードアート・オンライン 1【完全生産限定版】 [DVD]ソードアート・オンライン 1【完全生産限定版】 [DVD]
(2012/10/24)
松岡禎丞、戸松遥 他

商品詳細を見る
Date: 2013.02.18 Category: オリジナル小説  Comments (1) Trackbacks (0)

異世界居酒屋「のぶ」

サイト:小説家になろう 作品
作者様:蝉川夏哉/逢坂十七年蝉
評価:A

あらすじ
古都の路地裏に一風変わった店がある。
居酒屋「のぶ」 これは、一軒の居酒屋を巡る、小さな物語である。

感想
異世界食堂と同じ「食」もの。
こっちのが早いか。
こちらも食の表現が実にうまい。
同作者の邪神にも思ったが、この人はニッチな層を掴むのが実にうまい作者だと思う。
異世界モノだけれど、そこで一風変わった作品を書いていくということに定評がある。
個々の表現も細かい面白さがある。
「トリアエズナマ」という表現に思わずはまった。
異世界食堂と比べると、こちらのほうがシュールな感じがする。
なろうにこういう作品が増えて欲しいな。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

邪神に転生したら配下の魔王軍がさっそく滅亡しそうなんだが、どうすればいいんだろうか邪神に転生したら配下の魔王軍がさっそく滅亡しそうなんだが、どうすればいいんだろうか
(2012/09)
蝉川 夏哉

商品詳細を見る
Date: 2013.02.18 Category: オリジナル小説  Comments (0) Trackbacks (0)

異世界食堂

サイト:小説家になろう 作品
作者様:犬派店主
評価:A+

あらすじ
洋食店「ねこや」、そこは一見ごく普通のお店。
しかしそこは、毎週土曜日異世界へとつながる不思議なお店でした。
これはそんな異世界からきた一風変わったお客たちと、ねこやが出す洋食の話。

感想
「食」というテーマをこんなに面白くかけるんだろうか。
食べ物に対する表現、食べ物を食べる表現が実にうまく、こちらも思わず食べてみたくなる。
先代ねこや店主と客との関係や、受け継がれていく「ねこや」への入口などなど背景も実に思わせぶりでおもしろい。
一読の価値あり。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

[ニチレイ]サックリメンチカツ 80g×30個 【冷凍】[ニチレイ]サックリメンチカツ 80g×30個 【冷凍】
()
ニチレイフーズ

商品詳細を見る
Date: 2013.02.17 Category: オリジナル小説  Comments (0) Trackbacks (0)

盾の勇者の成り上がり

サイト:小説家になろう 作品
作者様:アネコユサギ
評価:C

あらすじ
盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。
冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。
他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。

感想
なんでこれにこんな評価入ってんだろう。
読むのが超辛い。
これを80話ぐらいまで読んだ俺は褒められるべき。
報われない勇者、裏切られる勇者が力をつけて、見下してきたやつを見返したり、復習したりというのは最近のトレンドなんだろか。
まんまそんな感じなんだが、導入部が恐ろしく下手なせいで話に全く引き込まれないし、主人公以外のキャラクターがあまりにもテンプレすぎて読む気なくす。
バトル展開も描写が微妙なので引き込まれないし、商人との交渉も「なんだこれ」となるレベル。
他の勇者の功績が実は結果的にはマイナスで、自分がやれやれでなんとかする、そのあと他の勇者に説教ってこれまたどっかで見たことある展開。
う~ん。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

オーバーロード1 不死者の王オーバーロード1 不死者の王
(2012/07/30)
丸山くがね

商品詳細を見る
Date: 2013.02.16 Category: オリジナル小説  Comments (0) Trackbacks (0)

IF GOD - 神は斜陽に打ち震える -

サイト:ハーメルン 作品
作者様:鈴木_
原作:ヒカルの碁
評価:S+

あらすじ
原作での佐為があのままネット後を続けていたらという二次創作である、『IF GOD 【佐為があのままネット碁を続けていたら…】』の54話からの分岐作品。
シリアス成分多め。

感想
もうさすがとしか言いようがないですよね。
この人の二次って全部面白い。
もう一つの作品である冬虫夏草は読む人を選ぶけど面白いし。
塔矢行洋が死ぬ間際にヒカルと約束した『本因坊になる』という言葉に縛られるヒカルを描いたこの作品は、IF GODとはまた変わった面白さがあるし、前作にシリアス風味を追加した続編という感じもあっていい。
約束を果たすために、絶対に負けないために、自分が囲碁を打つということをやめて佐為に変わる。
う~んうまい。
話の持って行き方が本当にうまい。
文章も飽きさせないし一気に読んでしまいたくなる。
更新が楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

ヒカルの碁 全23巻完結セット (ジャンプ・コミックス)ヒカルの碁 全23巻完結セット (ジャンプ・コミックス)
(2010/01)
小畑 健

商品詳細を見る
Date: 2013.02.16 Category: ヒカルの碁  Comments (0) Trackbacks (0)

貴族になったが、未来がヤバかった

サイト:小説家になろう 作品
作者様:やがみ
評価:A

あらすじ
第一次世界大戦前のドイツ貴族へ転生
未来知識を使って人材を引き込み、貴族である父の金を使い会社経営を始める。
彼はドイツを滅びの道から救うことができるのか。

感想
テンプレ転生内政モノ。
ドイツの技術力が高い、だからうまく会社経営とかして国力上げて、アメリカと仲良くなれば大丈夫だよね。
というテンプレ展開を地で行っている。
なんか昔のなろうにも、アメリカからフォード引き抜いてきて会社経営やらせたり、アニメ作ったりとかしてた作品があったようなきがする。その作品は確かロマノフ王朝の娘四人と結婚とかいうわけわからんことやってたな。
こういう作品にありがちなことなんだけど、戦争になるまでは展開も結構早くてテンポ良くポンポン進んで行くんだけど、戦争編に入った途端に話が長くなってエタるってパターン多い気がするなぁ。
そりゃ戦争が本番なんだからキチンと書かなきゃってのはあるけどね。
やっぱドイツ転生モノでは昔あったメッサーシュミット社奮闘記が一番面白かったなぁ。
典型的なチート転生、俺TUEEEものだったけどノリがよくて面白かったし。削除されちゃったけど。

この作品は文章とかも結構きちんとしているので読みやすくていい。
未来知識使って金持ちに、っていうのは誰もが憧れるパターンで初っ端で読者つかみやすいし、この作品はそれに飽きさせない力があるから良い。
戦争編に入ってから更新遅くなってきてダレるような気がしないでもないけど。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

Michael Rinaldi タンクアートVol. 1 ペインティング・ウエザリングガイドシリーズ ドイツ軍装甲車 TANKART Vol. 1 WWII German ArmorMichael Rinaldi タンクアートVol. 1 ペインティング・ウエザリングガイドシリーズ ドイツ軍装甲車 TANKART Vol. 1 WWII German Armor
()
Rinaldi Studio Press リナルディ・スタジオプレス

商品詳細を見る
Date: 2013.02.15 Category: 架空戦記  Comments (0) Trackbacks (0)

ふと思いついたFate/zeroのネタ作品

サイト:ハーメルン 作品
作者様:ふふん
原作:Fate/Zero
評価:A+

あらすじ
一般人が第四次聖杯戦争のアーチャー・ギルガメッシュに憑依する。
ただ生き残るために聖杯戦争を駆け抜ける彼は、一体聖杯戦争にどのような影響を及ぼすのか。
完結済み

感想
ギルガメッシュへの憑依もの。
あらすじだけ見ると地雷臭がものすごい。
ただ作品は面白い。
ギルガメッシュ憑依ものにありがちな、ギャグでのなぁなぁな感じなどが一切ない。
中身はかなりのシリアスで読ませてくる。
文章力も高く読み応えもあり、ラストへと向かう展開も熱い。
他陣営との同盟関係も理由付けや、同盟展開への持って行き方がうまい。
何よりもキャラクター一人一人がよく立っている。
なにより、原作では悲惨な死に方だった、ケイネスやソラウなどのランサー陣営のキャラがとても魅力的。
後日談が読みたい半面、完結の仕方がうまいと思うこの感じ。
正に良作といった作品である。Fateシリーズでは一番いいんじゃないかな。
なにより完結しているわけだし。
完結済みなので一読の価値あり。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
(2012/03/07)
小山力也、川澄綾子 他

商品詳細を見る
Date: 2013.02.04 Category: コードギアス  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

上がり藤

Author:上がり藤
小説の感想書いていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
かてごり
評価
タグ

A ダーク B 評価A 原作知識あり チート 戦記 評価A+ 憑依 召喚 評価B 勘違い 転生 B+ 完結済み 原作知識なし 恋愛 異世界 最強 宮廷 異世界召喚 多重転生 ラブコメ 魔法 評価C TS転生 評価S 原作知識 C VRMMO 建国 トリップ 逆行 アンチ TS 評価B+ 多重トリップ ロボ S クロスオーバー 再構成 モンスターに転生 ギャグ ファンタジー 評価C+ C+ 

かうんた~
らんきんぐ
検索フォーム
RSSリンクの表示
まめ
削除されたりして見れなくなってしまった作品は、
  • Internet Archive
  • に作品のURLを張り付ければ見れる場合があります。
  • リンク
    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    あまぞん
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。