スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

本日の騎士ミロク 1

ジャンル: ファンタジー バトル コメディ

本日の騎士ミロク1 (富士見ファンタジア文庫)本日の騎士ミロク1 (富士見ファンタジア文庫)
(2009/04/20)
田口 仙年堂

商品詳細を見る


著者:田口仙年堂
イラスト:高階聖人
レーベル:富士見ファンタジア文庫

おすすめ度:0

あらすじ:
ルテア大陸の中央西に位置する王国、ジルサニア。
剣バカの移民の少年ミロクはバイトで問題を起こしてばかり、定職に就けずにいた。

そんなある日、バイト先の店長に、ジルサニア王国騎士団は移民も入団でき、ついでに剣の腕も活かせると聞かされる。
首尾よく入団を果たし、ジルサニア王女ジェルメーヌの美しさに気持ちも高まっていたミロク。

だが何と彼が配属されたのは、姫の専属部隊にして剣を持たない、通称「赤目隊」だった。

騎士の仕事とは思えない雑用、帯剣の禁止、一風変わった同僚たち、実は男勝りで超がさつなジェルメーヌ姫……彼の苦難の日々が幕を開けた。

感想
表紙につられて買ってしまった・・・・・・。
9巻も出てるからそれなりに売れているんだろう、面白いんだろうと思って買った。
今はただ後悔している。
まず主人公が酷い。
いきあたりばったりで、文句ばっかりの甘ったれ。
そんなんだから仕事クビになるばっかなんだよ。
見ていてものすごくイライラする。

内容としてはライトファンタジーという感じ。
だがこのライトのライト具合が凄い。
軽いノリにも限度がある。
話全体としても、ひとりひとりのキャラクターとしても、軽い。
ただただ軽い。
話もどこかで見たような展開であるし、文章のノリも軽いため、まさしく最近の量産型ラノベ。
部隊のひとりひとりが一騎当千という設定なのに、とにかく話が軽くて内容が薄いため、戦闘シーンにも魅力を感じない。
一騎当千キャラによる、俺TUEEEの爽快感もないってどういうことだよ。

まぁ、そういうのが好きな人は読めば。
俺は後悔した。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
にほんブログ村

書評・レビュー ブログランキングへ
スポンサーサイト
Date: 2012.08.01 Category: ライトノベル  Comments (0) Trackbacks (0)

この記事へのコメント:


管理人のみ通知 :

トラックバック:


プロフィール

上がり藤

Author:上がり藤
小説の感想書いていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
かてごり
評価
タグ

評価B 転生 恋愛 戦記 評価C 勘違い 原作知識あり S チート 評価A+ C 最強 ギャグ アンチ 建国 逆行 再構成 TS 召喚 魔法 クロスオーバー ファンタジー 多重転生 VRMMO ロボ 宮廷 原作知識 C+ トリップ 原作知識なし 異世界召喚 憑依 A 評価S 異世界 ダーク 評価C+ B 評価B+ 多重トリップ 完結済み ラブコメ B+ 評価A モンスターに転生 TS転生 

かうんた~
らんきんぐ
検索フォーム
RSSリンクの表示
まめ
削除されたりして見れなくなってしまった作品は、
  • Internet Archive
  • に作品のURLを張り付ければ見れる場合があります。
  • リンク
    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    あまぞん
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。