スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

ダブルブリッド

ジャンル:バトル 近未来 怪異 ダーク

ダブルブリッド〈10〉 (電撃文庫)ダブルブリッド〈10〉 (電撃文庫)
(2008/05/10)
中村 恵里加

商品詳細を見る


著者:中村恵里加
イラスト:1巻~2巻 藤倉和音 3巻以降 たけひと
レーベル:電撃文庫

おすすめ度:☆☆☆☆☆☆ (思い出補正あり)

内容
「怪」と呼ばれる特殊な遺伝子を持ち、様々な点で、今までの常識を覆すような生物が、世界各地で発見された世界。
そんな「怪」と人間との間に生まれた、ダブルブリッドと呼ばれる主人公・片倉優樹と、危険な「怪」を捕縛するための部隊である、緊急捕縛部隊の隊員・山崎太一郎との交流を描いていく。

緊急捕縛部隊の隊員・山崎太一郎はある時、乙種の「怪」捕縛の際、「怪」のみで構成される特殊警察、通称六課の職員片倉優樹の活躍を見る。
おりしもその時、「怪」である六課職員と人間との交流をより良くすることが、提案に登っており、山崎太一郎はその交流員に選ばれることとなる。
六課へと転向した彼が見たのは、職員がわずか1名しかおらず、仕事もほとんどない六課の実態であった。
そこで次々と起こる事件や、「怪」を恐れない太一郎の性格もあり、二人は交流を深めていく。

感想
個人的にものすごく好きな作品。
自分が読んだ3冊目くらいのライトノベル。
今流行っているラノベとは全く違う、どちらかというとかなりダークな作品なのですが、かなり魅せる作品であったと思う。
次の展開が気になり、ページをどんどんめくって行きたくなる。
人と違う「怪」と呼ばれる存在と、人間との間に産まれたダブルブリッド・片倉優樹の心、「怪」からはその不思議なカリスマで好かれ、人間からは恐れられ、蔑まれ、しかし人間でありたいという思いもあり。
という心理描写のうまさがまた一級品。
今のライトノベルに食傷気味の人には是非とも読んで欲しい。
どのような作品にも、ダダ甘のラブコメ展開のようなものが入っており、ろくな内容のない作品が多くなっている中、懐古厨と呼ばれようとも昔の作品を読んで、ライトノベルを再認識してみるのもいいと思う。
完結済みだしさくっと読めるよ。



Date: 2012.06.04 Category: ライトノベル  Comments (1) Trackbacks (1)

緋弾のアリア

ジャンル:バトル 現代 超能力 恋愛

緋弾のアリア (MF文庫J)緋弾のアリア (MF文庫J)
(2008/08)
赤松 中学

商品詳細を見る


著者:赤松中学
イラスト:こぶいち
レーベル: MF文庫J

おすすめ度:☆☆☆☆

内容
年々増加の一途をたどる凶悪犯罪に対抗するため、「武偵」と呼ばれる存在が一般化した世界。
そんな世界で「武偵」を養成する東京武偵高校に通いながらも、普通の高校生活を望む遠山キンジは、ある日エリート少女武偵・神崎・H・アリアと出会ったことにより、彼女を取り巻く様々な事件に巻き込まれていく。

感想
毎回毎回、引きがすごい。
とにかく次巻につなげる話を最後に持ってくる。
この世界では血筋による特殊能力を宿した人間が多数おり、主人公は性的興奮により、身体能力を増加させるという、変態的能力の持ち主という設定。
この設定で、様々な美少女キャラとのラブコメ展開をしたりする。
バトル描写もうまいし、設定も面白い。
おすすめの作品ではある。
でもな~、アリアが超能力使い出したあたりから読むのやめたんですよね~。
Date: 2012.06.03 Category: ライトノベル  Comments (0) Trackbacks (1)

変愛サイケデリック

ジャンル:恋愛
変愛サイケデリック (電撃文庫 ま)変愛サイケデリック (電撃文庫 ま)
(2011/04/08)
間宮 夏生

商品詳細を見る


著者:間宮夏生
イラスト:白味噌
レーベル:電撃文庫

おすすめ度:☆

内容
「ストレンジサイケデリコ」こと彩家亭理子は、その名の通り千光高校きっての有名な変人。
彼女は、変わった愛情を持った者が集まる「変恋部」の部長である。そ
んな変人マスターが「愛しいね」と目をつけたのは、春になると死にたがると噂のクール系男子・神宇知悠仁だった。
そんな彼らと、変愛部の面々のちょっと変わった、愛の物語。

感想
う~ん、誤字脱字が多い。
誤った知識もあるし、そこらへんはもうちょっとどうにかして欲しい。
内容も正直微妙。
まず主人公が完全に、頭のおかしい厨二病患者にしか見えない。
感情移入もしにくいキャラクターばかりで、話にのめり込みにくい。
なんというかシリアスぶった話なのに、ギャグコメディな言動をとるヒロイン。
正直滑っていると思う。
さらにはネーミングセンスがひどい。
シリアスな話なのに、このネーミングかよ(笑)。
Date: 2012.06.01 Category: ライトノベル  Comments (1) Trackbacks (1)

火の国、風の国物語―戦竜在野

ジャンル:戦記 ファンタジー
火の国、風の国物語―戦竜在野 (富士見ファンタジア文庫)火の国、風の国物語―戦竜在野 (富士見ファンタジア文庫)
(2007/10)
師走 トオル

商品詳細を見る

著者:師走トオル
イラスト:光崎瑠衣
レーベル:富士見ファンタジア文庫

おすすめ度:☆☆☆☆

内容
精霊と契約した騎士、アレス・ファノヴァールの物語。
並外れた剣の才能と、精霊パンドラとの契約によって得た怪力を使い、自らが仕えるベールセール王国のため、そして王女クラウディアのために戦場を駆け抜ける。

感想
典型的な俺TUEEE小説といっても良い。
剣と魔法のファンタジー世界で、騎士として剣を振るい、王国のため王女のため、自らの復讐のために戦うという、正に王道といった作品。
個人的にこういった、俺TUEEEの爽快感あふれる主人公最強モノは大好きなので、楽しく読める。
しかしこの作品にはかなり、荒が目立つなぁ。
名門貴族である主人公に対する、周りの無礼さや、人を殺すということに対する、主人公の感情描写とかが甘いなと感じる。
王女の説得とかもすんなり入ってこないし。
でも文章の展開とかも軽い感じで、すらすら~っと読めます。
展開速く、作者ちょっと無理やり感ない?ってぐらいポンポン進んでく。
1時間ちょっとで読み終わって、アレスかっけぇぇぇーーみたいな感じの作品かな。
Date: 2012.05.31 Category: ライトノベル  Comments (0) Trackbacks (1)
プロフィール

上がり藤

Author:上がり藤
小説の感想書いていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
かてごり
評価
タグ

TS 宮廷 異世界召喚 ギャグ クロスオーバー 逆行 C モンスターに転生 転生 評価S 異世界 再構成 建国 B 原作知識あり ロボ 完結済み S 評価A+ 勘違い 原作知識なし 評価B+ アンチ 評価C+ 評価C 評価B TS転生 魔法 B+ 恋愛 ダーク 憑依 最強 戦記 トリップ ファンタジー 評価A C+ VRMMO 多重トリップ チート 原作知識 A 召喚 ラブコメ 多重転生 

かうんた~
らんきんぐ
検索フォーム
RSSリンクの表示
まめ
削除されたりして見れなくなってしまった作品は、
  • Internet Archive
  • に作品のURLを張り付ければ見れる場合があります。
  • リンク
    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    あまぞん
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。