スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Date: --.--.-- Category: スポンサー広告   

異世界食堂

サイト:小説家になろう 作品
作者様:犬派店主
評価:A+

あらすじ
洋食店「ねこや」、そこは一見ごく普通のお店。
しかしそこは、毎週土曜日異世界へとつながる不思議なお店でした。
これはそんな異世界からきた一風変わったお客たちと、ねこやが出す洋食の話。

感想
「食」というテーマをこんなに面白くかけるんだろうか。
食べ物に対する表現、食べ物を食べる表現が実にうまく、こちらも思わず食べてみたくなる。
先代ねこや店主と客との関係や、受け継がれていく「ねこや」への入口などなど背景も実に思わせぶりでおもしろい。
一読の価値あり。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

[ニチレイ]サックリメンチカツ 80g×30個 【冷凍】[ニチレイ]サックリメンチカツ 80g×30個 【冷凍】
()
ニチレイフーズ

商品詳細を見る
Date: 2013.02.17 Category: オリジナル小説  Comments (0) Trackbacks (0)

盾の勇者の成り上がり

サイト:小説家になろう 作品
作者様:アネコユサギ
評価:C

あらすじ
盾の勇者として異世界に召還された岩谷尚文。
冒険三日目にして仲間に裏切られ、信頼と金銭を一度に失ってしまう。
他者を信じられなくなった尚文が取った行動は……。

感想
なんでこれにこんな評価入ってんだろう。
読むのが超辛い。
これを80話ぐらいまで読んだ俺は褒められるべき。
報われない勇者、裏切られる勇者が力をつけて、見下してきたやつを見返したり、復習したりというのは最近のトレンドなんだろか。
まんまそんな感じなんだが、導入部が恐ろしく下手なせいで話に全く引き込まれないし、主人公以外のキャラクターがあまりにもテンプレすぎて読む気なくす。
バトル展開も描写が微妙なので引き込まれないし、商人との交渉も「なんだこれ」となるレベル。
他の勇者の功績が実は結果的にはマイナスで、自分がやれやれでなんとかする、そのあと他の勇者に説教ってこれまたどっかで見たことある展開。
う~ん。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

オーバーロード1 不死者の王オーバーロード1 不死者の王
(2012/07/30)
丸山くがね

商品詳細を見る
Date: 2013.02.16 Category: オリジナル小説  Comments (0) Trackbacks (0)

IF GOD - 神は斜陽に打ち震える -

サイト:ハーメルン 作品
作者様:鈴木_
原作:ヒカルの碁
評価:S+

あらすじ
原作での佐為があのままネット後を続けていたらという二次創作である、『IF GOD 【佐為があのままネット碁を続けていたら…】』の54話からの分岐作品。
シリアス成分多め。

感想
もうさすがとしか言いようがないですよね。
この人の二次って全部面白い。
もう一つの作品である冬虫夏草は読む人を選ぶけど面白いし。
塔矢行洋が死ぬ間際にヒカルと約束した『本因坊になる』という言葉に縛られるヒカルを描いたこの作品は、IF GODとはまた変わった面白さがあるし、前作にシリアス風味を追加した続編という感じもあっていい。
約束を果たすために、絶対に負けないために、自分が囲碁を打つということをやめて佐為に変わる。
う~んうまい。
話の持って行き方が本当にうまい。
文章も飽きさせないし一気に読んでしまいたくなる。
更新が楽しみです。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

ヒカルの碁 全23巻完結セット (ジャンプ・コミックス)ヒカルの碁 全23巻完結セット (ジャンプ・コミックス)
(2010/01)
小畑 健

商品詳細を見る
Date: 2013.02.16 Category: ヒカルの碁  Comments (0) Trackbacks (0)

貴族になったが、未来がヤバかった

サイト:小説家になろう 作品
作者様:やがみ
評価:A

あらすじ
第一次世界大戦前のドイツ貴族へ転生
未来知識を使って人材を引き込み、貴族である父の金を使い会社経営を始める。
彼はドイツを滅びの道から救うことができるのか。

感想
テンプレ転生内政モノ。
ドイツの技術力が高い、だからうまく会社経営とかして国力上げて、アメリカと仲良くなれば大丈夫だよね。
というテンプレ展開を地で行っている。
なんか昔のなろうにも、アメリカからフォード引き抜いてきて会社経営やらせたり、アニメ作ったりとかしてた作品があったようなきがする。その作品は確かロマノフ王朝の娘四人と結婚とかいうわけわからんことやってたな。
こういう作品にありがちなことなんだけど、戦争になるまでは展開も結構早くてテンポ良くポンポン進んで行くんだけど、戦争編に入った途端に話が長くなってエタるってパターン多い気がするなぁ。
そりゃ戦争が本番なんだからキチンと書かなきゃってのはあるけどね。
やっぱドイツ転生モノでは昔あったメッサーシュミット社奮闘記が一番面白かったなぁ。
典型的なチート転生、俺TUEEEものだったけどノリがよくて面白かったし。削除されちゃったけど。

この作品は文章とかも結構きちんとしているので読みやすくていい。
未来知識使って金持ちに、っていうのは誰もが憧れるパターンで初っ端で読者つかみやすいし、この作品はそれに飽きさせない力があるから良い。
戦争編に入ってから更新遅くなってきてダレるような気がしないでもないけど。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

Michael Rinaldi タンクアートVol. 1 ペインティング・ウエザリングガイドシリーズ ドイツ軍装甲車 TANKART Vol. 1 WWII German ArmorMichael Rinaldi タンクアートVol. 1 ペインティング・ウエザリングガイドシリーズ ドイツ軍装甲車 TANKART Vol. 1 WWII German Armor
()
Rinaldi Studio Press リナルディ・スタジオプレス

商品詳細を見る
Date: 2013.02.15 Category: 架空戦記  Comments (0) Trackbacks (0)

ふと思いついたFate/zeroのネタ作品

サイト:ハーメルン 作品
作者様:ふふん
原作:Fate/Zero
評価:A+

あらすじ
一般人が第四次聖杯戦争のアーチャー・ギルガメッシュに憑依する。
ただ生き残るために聖杯戦争を駆け抜ける彼は、一体聖杯戦争にどのような影響を及ぼすのか。
完結済み

感想
ギルガメッシュへの憑依もの。
あらすじだけ見ると地雷臭がものすごい。
ただ作品は面白い。
ギルガメッシュ憑依ものにありがちな、ギャグでのなぁなぁな感じなどが一切ない。
中身はかなりのシリアスで読ませてくる。
文章力も高く読み応えもあり、ラストへと向かう展開も熱い。
他陣営との同盟関係も理由付けや、同盟展開への持って行き方がうまい。
何よりもキャラクター一人一人がよく立っている。
なにより、原作では悲惨な死に方だった、ケイネスやソラウなどのランサー陣営のキャラがとても魅力的。
後日談が読みたい半面、完結の仕方がうまいと思うこの感じ。
正に良作といった作品である。Fateシリーズでは一番いいんじゃないかな。
なにより完結しているわけだし。
完結済みなので一読の価値あり。

にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ
(2012/03/07)
小山力也、川澄綾子 他

商品詳細を見る
Date: 2013.02.04 Category: コードギアス  Comments (0) Trackbacks (0)
プロフィール

上がり藤

Author:上がり藤
小説の感想書いていきます

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
かてごり
評価
タグ

評価B 転生 恋愛 戦記 評価C 勘違い 原作知識あり S チート 評価A+ C 最強 ギャグ アンチ 建国 逆行 再構成 TS 召喚 魔法 クロスオーバー ファンタジー 多重転生 VRMMO ロボ 宮廷 原作知識 C+ トリップ 原作知識なし 異世界召喚 憑依 A 評価S 異世界 ダーク 評価C+ B 評価B+ 多重トリップ 完結済み ラブコメ B+ 評価A モンスターに転生 TS転生 

かうんた~
らんきんぐ
検索フォーム
RSSリンクの表示
まめ
削除されたりして見れなくなってしまった作品は、
  • Internet Archive
  • に作品のURLを張り付ければ見れる場合があります。
  • リンク
    このブログをリンクに追加する
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QR
    あまぞん
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。